赤坂迎賓館行ってきましたよ。

え?「てか、迎賓館ってなぁに」だって??

写真(ロゴ入り

赤坂迎賓館とは

そもそも迎賓館ってのは、外国の偉い人達が日本に来た時に「お・も・て・な・し 、おもてなし♪」する場所のことさ。
あ、この記事見て思い出した。
女子におむねなしとか おむこなしとか女性に言うなよ! 責任取れないからな(笑

場所


話がそれたけど、迎賓館についてのもうちょっと詳しく説明です。
所在地:東京都港区元赤坂二丁目1番1号(地図)
敷地面積:11万7000平方メートル
このリンクはグーグルマップの所在図。見てもらえば東京都23区内の大規模?緑地の一つだとすぐわかると思う。

特性が近い皇居はマラソンランナーとかでよくテレビで見かけるイメージがあると思うけど、実はこっちも海外の政治家とかが来るとよく写ってます。

詳細の内容についてはwiki情報のほうが詳しそうなのでそっちを御覧ください。
図書館とかオリンピック委員会とかで使用されていたそうです。

年数回の一般公開

月日~月日の機関に一般公開が行われていて今回それに参加してみました。
流れとしては
  • 前庭前の時間別本館入場券列に並ぶ。
  • チケットをもらいALSOKの警備員らしき係の方から説明を受ける。
  • 指定時間までボーっとする(僕がしてただけですが
  • 本館指定に入場。
  • その後は自由。
こんな感じです。

当日の流れ

行く時間

僕らがチケットをもらったのは朝の10時半ごろ。四谷駅から徒歩10分もないくらいのところなので。余裕のある動き出しでもチケットは受け取れます。時間帯ごとに列がわけられていますがほとんど並んでいませんので、早いほど希望の時間を選べますが、焦らずともチケットがもらえないということはないと思います。

チケット

んでその後、ここでチケットに関して説明を受けるのですが、
  • 前庭はチケット無しで入場可能、何度でも出入りできる。
  • 本館はチケットの指定時間以内に入場すれば退出の時間は自由。
  •  ただし入場は一度切りである。
こんな感じの説明を受けます。あくまで今回での話なので内容は真に受けないように注意。

割りと暇

あと、特に暇を潰す場所もないようなので時間を前にし過ぎると暇を持て余します。ただ15時以降じゃないと前庭の人だかりがなくならないので写真撮影を目的とするなら時間は遅めのほうがいいと思います。そこら辺の兼ね合いは少し難しいです。


素材用写真の紹介

買ったばっかの機材で細かい設定も慣れてなかったので僕の実力がよく分かる(笑)写真たちです。
期待してたら後悔するよ。撮って出しだし。

ということで写真たちの紹介です。
んで、気になる写真の取り扱いですが念のため断っておくと個人商用問わず無断利用、転載は禁止でよろしゅうです。
理由は、始めたばっかりでこのブログでの立場が曖昧だからとりあえずです。だから要望等あったらコメントくださいね!前向きに検討しますよ!!
DSC00840
DSC00869
DSC00958
DSC01052

感想

思ったより小さいな。
実は私こういったお城的な空間を体験したことがございません。加えて趣味の関係上ホールとか広い空間に立つ経験が人より多くありまして、そこと比較してもやっぱり思ったより小さいなぁというのが第一印象。

なんかディズニーみたい。
廊下は白漆喰の壁に赤絨毯で少驚きするんですが、広間系のお部屋の中は装飾の気合の入りようがすごい。何かと金メッキされた彫刻と巨大な絵で壁一面が埋め尽くされてるので圧倒されます。








外国の城を見に行く予定があるのでそこと比較して見たいと思います。それでは~ ノシ